名入れした表彰楯を大会で使おう

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いろいろな大会がありますが、大会を行う時に順位を決めるのならば最後に表彰式があります。表彰式には表彰楯があった方が格好が付きます。ただし、どうやって作れば良いのかはわからない人が多いのではないでしょうか。普通に生活していると、作る機会がないだけに困る人が多いかもしれません。
実は、インターネットを使うと注文できます。種類が多いのでどうすれば良いのかでまた迷いが生じることがあるかもしれません。とても本格的なデザインで作ってもらえるので大会に花を添えるためにも注文してみてください。トロフィーや優勝カップ、メダルなども大体同じ業者で注文することができます。メダルを3位の選手までにあげるのはどうだろうかと思ったら一緒に頼んでみるのも良いのではないでしょうか。

どんなデザインにするかを考えよう

問題は、デザインを決めることかもしれません。大会に相応しいデザインであることを念頭に置いて決めましょう。初回が基本となるために、2回目以降は初回と同じデザインを踏襲することになるはずです。だからこそ、最初はデザインにこだわり抜いて作ってください。
しかし、初心者の場合は右も左もわからないためにかなり苦労することが予想されます。見本を見て、どれが良いかを決めると良いかもしれません。たくさん見本がありますが、きっとその中にこれだと思うものがあるはずです。名入れする場所はどこが良いのか、レリーフを作ってもらうのかなど考えることはたくさんあります。バランス良く配置を決めてみましょう。見本を参考にすれば自然とバランス良くなるでしょうし、かっこいい表彰楯ができます。

贈るのは優勝者だけかどうかも考える

優勝者だけに名入れした表彰楯を渡すのも良いですが、予算にもよりますが他の人にも贈ってみませんか。2位や3位までに渡すことが多いです。また、努力賞やブービー賞などに渡すことも珍しくはありません。まずは、どんな賞を設けるのかを決めてそれから予算と相談して決めてみてください。
複数人に渡すとなるとかなり予算が厳しいと思うかもしれません。しかし、インターネットを使って注文する場合は意外と費用が安くて済む可能性が高いです。しかも、注文方法も簡単ですし、納品も早くて済むこともあります。大会が迫っていたとしても間に合わせて作ってもらえるでしょうから、あきらめないでインターネットを活用しましょう。大会の成功を左右すると言っても良いかもしれないのでぜひ活用してください。

ピックアップ記事

表彰楯の価格が知りたい時にも便利です

会社の中でスポーツ大会などを開催することがあるかと思われますが、こうしたイベントの中ではトロフィーを用意し、毎年の優勝者の名前をペナントと呼ばれているリボン布に刻むなどが多いのではないでしょうか。例え...

名入れした表彰楯を大会で使おう

いろいろな大会がありますが、大会を行う時に順位を決めるのならば最後に表彰式があります。表彰式には表彰楯があった方が格好が付きます。ただし、どうやって作れば良いのかはわからない人が多いのではないでしょう...

表彰楯のデザインはアレンジすることができます

イベントや競技を行う場所において優秀な成績を残した人には表彰することがあります。賞状をおくったりメダルなどを授与することもありますが、特別なイベントの場合表彰楯を贈ることもおすすめです。自宅や職場など...

オリジナル品でオーダーできる表彰楯は魅力的

イベント事や大会などを開催する場面では、優秀者に対して表彰楯を贈ることを必要とすることがあります。表彰状だけではなく楯などのアイテムを贈る方法で受け取った方は生涯にわたって大切な思い出として残すことが...


メリット